個人年金だけ頼りなのに個人年金をどうするって??

みなさん、老後の心配はありますか?老後の何が心配ですか?
老後の心配事に関するランキングを覗いてみると、生活資金に関する心配事がダントツの一位で、
その他は介護、病気、年金などとなっており、意外と男女によってその順位は違っている点は興味深いなぁと思うのですが、
やはり「お金」の心配が一番大きいようです。
公的年金だけでは心配、働くなって収入がなくなってからが特に不安、
などという理由で個人年金を長年続けてきた方も多くいらっしゃるかと思います。
「そもそも公的年金が信用できないから、その分個人年金だけ頼りなの」などという方もいらっしゃるかと思います。
ところで、個人年金とは、いったいなんでしょうか?
「年金」という名前はついていますが、おおざっぱに言うと若い頃からずっと貯めてきた貯金と利子を資金として、
一定の年齢に達した後、毎月一定金額ずつ引き出すようなシステムです。
年金と言っても、自分で貯めてきたお金です。近年は昔と比べて公的年金の支給開始年齢が上がってきているので、
ご自身が仕事をしなくなってから公的年金が支給されるまでの期間のつなぎとして位置づけしている方もいるようです。
個人年金はいわば普通の貯金なので、万が一定年前に大きな金額が必要になってしまった場合に解約することもできます。
「個人年金をどうするって??」とびっくりされる方もいらっしゃるかとは思いますが、
解約してしまうと元本割れをしてしまう可能性もあるので、
今までの努力が水の泡になってしまうかも知れない点だけは注意してください。
とはいえ、家計が苦しくなって保険料が払えない場合など仕方ないときもあるかもしれません。
急な出費や収入の変動にも耐えられるような、貯蓄が若いうちから出来たらいいですね。

甲子園が熱い!!甲子園どうなった?

毎年さまざまなドラマを見せてくれる甲子園。
今年の夏にはいったいどんなドラマがあったのでしょうか。
2013年大会では、群馬県の前橋育英高校が優勝しました。
しかも初出場で初優勝という快挙でもあったのです。
その前橋育英高校の決勝での対戦相手は、宮崎県の延岡学園でした。
こちらは宮崎県勢初の優勝を狙っていたのですが、その悲願は今年の大会では達成されることはありませんでした。
そして今回は、優勝校である前橋育英のドラマティックすぎる展開にも注目が集まりました。
前橋育英の監督の息子さんは、そのチームのキャプテンです。
そしてお母さんは前橋育英の寮母さんとして選手たちを支えています。
これだけでもかなりすごい確率のドラマティックな展開なのですが、その試合内容もこれまたドラマティックでした。
キャプテンである監督の息子さんは、試合中にエラーをし、それが失点へとつながってしまいます。
しかしその後、その失点を自分で取り返したのです。
ですから本当にドラマティックな展開だったと言えます。
こんなスポーツ漫画も顔負けの展開がまさかリアルで起こるとは、本当に驚きですね。
そして優勝した前橋育英高校の皆さん、本当におめでとうございます。
甲子園には毎年このようなドラマが展開されているのです。
暑い夏に負けないほど熱く燃える甲子園球児たちの青春を、今後とも見守っていきましょう。
見ているこっちも熱くなるような展開、今後とも期待しています。

終身個人年金とは?

終身個人年金とは、死ぬまでお金をを受け取れる年金の事です。
日本には、年金制度がありますが今年金をもらっている人達が支払っていた年金が他で使われてしまって蓄えがないため、年金制度は崩壊しつつありますよね。
それまで60歳から給付が可能だった年金が65歳からの給付に引き上げられました。
もちろん、60歳で定年になる人が多いので60歳からでも年金が受け取れるようにはなっていますが、トータルでみると65歳からもらった方が長生きすればお得なようです。
そんな国の年金制度に国民全員が不安に思い、個人年金をかける人が急増しています。
信用できない他人にまかせるよりも自分で将来の事をなんとかした方が安心できるからに違いありません。
終身個人年金は、死ぬまで年金を受け取る事ができるのですが年齢が若いうちから加入しておいた方がお得です。
早く加入しておけば、長生きすれば自分が支払った金額よりたくさんもらえる事になりますが、ある程度年齢を重ねてから加入すると保険料がとても高くなってしまいます。

保険会社は今たくさんあり、会社によって保険の商品の内容が違っています。
自分は月々、どれくらい保険料を払えそうか、どんな保障内容がいいのか、どのくらいのお金を将来受け取りたいのかなどを考えながら、自分に合った保険を選びましょう。
保険は、まだ若い年齢のうちに加入しておくことをおすすめします。
将来の安心は人任せにせず、自分の手でつくりましょう。
情報参考:終身個人年金保険の一括払いシステムとは?http://goo.gl/Ofn0Sp

終身個人年金にお得に加入する方法

終身個人年金にお得に加入する方法を知っていますか?
それは、一括払いシステムを利用する事です。
私たちは、普段さまざまな保険に加入してますよね?
国民年金、自動車保険、火災保険、生命保険など。
毎月決められた額を支払ってゆくと思いますが、自動車保険や火災保険には一括払いシステムと言うものがあります。
毎月支払う保険料を、一度に支払っておくというもの。
一括で支払う方が少しお得な場合が多いので、この一括払いシステムを利用している人は結構多いです。
しかし、それにはまとまったお金が必要になるので蓄えがない人には選択する事ができません。

この一括払いシステムは終身個人年金にもあるのです。
年金と言えば、月々少しずつ支払うというイメージがありますが、一括で払えるシステムもあります。
終身個人年金での一括払いの魅力はなんと言ってもお得な所でしょう。
支払う全体の金額が多ければ多いほどお得になる仕組みになっています。
蓄えがある人にしか一括払いシステムは利用する事ができませんが、蓄えがあるならこの一括払いシステムを利用する事をおすすめします。
なんと言ってもお得ですからね。
それに、毎月支払うよりも先に預けてしまった方が安心です。
手元にお金があるとどうしても使ってしまうという人もいますので気がついたら残金がこんなに少しに・・・なんてことが起こる事がありません。

自分の将来は何が起きるかわかりません。
そんな不安な将来を終身個人年金なら明るい未来にする事ができます。

定年の後は終身個人年金が保障してくれる!

あなたは定年まで働いてその先の事を考えていますか?
今は不景気の世の中であり、毎月のお給料は生活費に消え、貯金がなかなかできていないというご家庭が増えています。
しかし、自分はいくつまで生きるかはわかりません。
今は働けるからよくても60歳を過ぎると働けるチャンスはなかなかありません。
そこで、日本では年金制度と言うものがあります。
若い世代のうちに毎月年金を納めておけば、65歳から支払っていた金額に応じて年金がもらえるという仕組みです。
この国の年金制度、実は以前は60歳から年金がもらえるという物でしたが、支払う年金が少なくなった事をきっかけに65歳へと引き上げられたのです。
ですが、会社の定年制度は60歳となっていますので60歳で会社を退職してから65歳までの年金が支給されるまでの間、収入がないという事になります。
大手企業などを中心に再雇用制度で65歳まで働けるようになった所もたくさんあるようですが、実はそれはほんの一部の事です。

そこで、この先どうなるかわからない国の年金制度の他に自分で個人年金をかけるという人がとても増えています。
そんな個人年金は、終身のものがあります。
そして、その支払い方法は月々払いと一括払いがあります。
月々払いはみなさんがよくご存知の通り、毎月決められた一定額を支払うというシステムになりますが一括払いシステムというのは、一度に保険料を納めてしまう方法になります。
毎月少しずつ支払うシステムよりもトータル金額はお得ですが、まとまったお金が必要になるので、このシステムを利用できる人はお金に余裕がある人しか使う事ができません。

終身個人年金には、一括払いシステムがある

終身個人年金には、一括払いシステムがあるというのをご存知でしたでしょうか?
個人年金は、通常毎月一定額を長期間納める事になります。
一括払いシステムでは、毎月一定額を長期間納めるのではなく一度に全額を納めてしまうのです。

国民年金では、毎月一定額を60歳まで払い続け65歳から今までの支払額に応じた額をもらえるのですが、もらえる期間は一生涯なので損をすれば得をするという人もいるわけです。

終身個人年金は、自分でもらえる金額を設定する事になります。
100万円、200万円、300万円、500万円など。
一括払いシステムでは、年齢に応じてこの満額の何割かを支払う事になります。
残りの何割かは得をするという事になります。

そこで問題になってくるのは一括払いの金額のお金を用意できるかと言う事になります。
蓄えがある人はいいでしょうが、そうでない人はこの一括払いシステムを使う事はできません。
この一括払いシステムは、通常の毎月少しずつの支払いよりも少しお得になるようです。
お金に余裕がある人は自分で貯金しておくよりもちょっぴり得をする終身個人年金に加入してみてはいかがでしょうか?
万が一受け取る前に亡くなってしまっても、遺族にちゃんとお金は戻ってくるので安心です。

今は、年金制度が改正され65歳からでないと年金がもらえない、もしくはもらえる年金額が少なくなるという日本になってしまいました。
国の年金制度は崩壊か?!
なんて事になるのではないかと懸念されています。
終身個人年金で自分で自分を安心させてあげましょう。

一括払いシステムの方が個人年金はお得?

国に支払う年金は日本国民の義務でもあります。
今いる高齢者の生活を支えるために現在の若い世代の人が年金を支払い続けているのですが、今支払っている若い世代の人たちが今後年金をちゃんともらえるのかどうかは誰にもわかりません。
以前は60歳から年金がもらえるというシステムでしたが、今は65歳からに引き上げられました。
今後ももっと引きあがって、70歳からなどとなったら高齢者はどうやって生活して行けばいいのでしょうか?
そんな将来の不安を抱える前に自分でなんとかしなくてはなりません。
国に支払う年金以外にも個人年金を自分で加入する。
それが、将来の不安に打ち勝つ方法でしょう。
個人年金は、各保険会社にあります。
個人年金は、意外と昔からあるものなので安心できます。
そんな個人年金の終身個人年金に一括払いシステムと言うものがあります。
一括払いシステムとは、毎月少しずつお金を納めるのではなく今一括で支払ってしまうシステムの事です。
毎月少しずつ納めるシステムよりも全体的に支払う金額が少しお得になるものです。
個人年金の設定額によって支払う金額は異なりますが、500万円の個人年金の場合300万円~400万円ほどが必要になります。
加入する時の年齢によって金額は多少違ってきますし、保険会社によっても違ってきますが、年金をもらう歳になっても、万が一その前に亡くなってしまっても必ず受け取れる年金ですので安心できる保険と言えます。
個人年金で安心を勝ち取りましょう。

個人年金一括払いで自分の老後は自分で守れ!

一昔前までは、国の年金を充てにしていた時代でしたが今は国の年金制度が全く充てにならない時代になっています。
今年金をもらっている世代が支払っていた年金のお金は国の違う部分に使われ、今高齢者たちに支払われている年金は今の若い世代が支払っている年金から支払われているのです。
本来積立式で行わなければならない年金に蓄えがないなんて・・・
こんな時代をそのままにしている国を信用できないと、年金を納める若い世代の人の中には年金を支払わない人が続出しています。
このままでは国の年金制度は崩壊してしまうのではないか?
日本国民は今、そんな不安にさらされています。

しかし、ただ不安に思っているだけでは何も始まりません。
そこで、国の年金とは別に個人で年金を掛ける人が増えています。
それが、個人年金です。
保険会社などにその個人年金システムがあるのです。
その中でも注目されているのが、終身個人年金の一括システムです。
毎月少しずつ積み立ててゆく方法とは違い、今余裕のある数百万円を一括で預けてしまうシステムです。
毎月少しずつ積み立てていくものよりも、トータルでお得になるという面でのメリットがあります。
もちろん、受け取る前に亡くなってしまえばその分のお金は返ってきます。
年齢によって一括で支払う金額が違ってくるのですが500万円の終身個人年金で30歳くらいの男性の場合、一括で支払う金額はおよそ340万円ほどなので残りのおよそ160万円ほどはお得になるという計算です。
個人年金で安心できる生活を送りましょう。